私たちのファーミングプログラムが希望の種をまく

レッド・エスプレッソは、2014年に開始したファーミングプロジェクト“Seeds of Hope”で、ロバの荷車で踏まれた曲がりくねった砂利道の先に暮らすルイボスの生産者に希望を吹き込んでいます。 何世紀もの間、変化から取り残されたセダーバーグの村は、南アフリカで最も貧しく孤立したコミュニティの一部になっていました。 しかし、私たちレッド・エスプレッソのサポートにより、彼らの運命は大きく変わることになったのです。

先祖の足跡

自給自足の農民たちは、何世代にもわたって丈夫な低木のルイボスを育ててきました。レッド・エスプレッソは、種子、輸送、耕作機器、農業のノウハウを支援することで、生産能力とサプライチェーンを大幅に改善しました。

フェアトレードがコミュニティを変革

レッド・エスプレッソは、市場の動向に関わらず、これらの農家に一貫したプレミアム価格を保証します。金銭面での取り組みはこの地域では前例のないものです。ある農家は、ロバの荷車をSUV車両にアップグレードし、 他の農家は初めて銀行口座を開設しました。小さな活動として始まった“Seeds of Hope”プロジェクトが、急速にストリームになりつつあります。当プログラムに参加する農家の数は年を追うごとに増加しています。

尊厳は忘れられた村を席巻している

何十年もの間、これらのコミュニティは現代の世界から値付けされてきました。 種子、輸送、耕作機器に必要な大きな費用、高品質のお茶に見合う価値を提供しない市場システムにより、若者は他の場所で仕事を探し、高齢者はただ時を過ごすだけでした。“Seeds of Hope”は、ルイボスを守る農民たちに誇りと希望を与えています。

すべてのカップに希望があります

あなたがレッド・エスプレッソのカプチーノやラテを楽しむたびに、南アフリカのセダーバーグの農家が、長く失っていた誇りと希望を取り戻していくのです。地球上で最もピュアなシングルオリジンのルイボスを味わうこと、それは社会課題の解決にもつながっています。